読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弱小プログラマがアンテナ伸ばすためのブログ

ダメプログラマが情報の発信&受信につかっているブログです。主に漫画アニメゲーム攻略などの話題が多いです。

まったく新しいゲームを世の中に出すということ

ちょっと思ったので書きなぐります。

先日、とある女性とお話しする機会がありました。

その人曰く、最近のゲームは似たようなものばかりでつまらないしわけがわからない。もっと新しいものを出すべきだと。

 

僕自身、その意見には同意しますが、同意できない部分もあったわけです。

一言で表すと大人の事情って言われるやつですね。

大人の事情っていうけどそれをどうにかするのが仕事じゃないの~とかすぐ言われるんですけど、そう簡単ではないんですよ・・・って話をしたいのです。

 

 

たとえ話として、スロットに例えたいと思います。

 

あなたは千円を持ってます。目の前には一万円で1回挑戦できるスロット。大当たりを引くことができれば1億でも10億でも手に入る夢のようなスロットです。

 

あなたはそのスロットに挑戦しますか?しませんか??

 

しますと答えた方。

スロット引くには、9千円足りないですね。まずは9千円を集めなければなりません。集める方法は何でもいいです。銀行に借りに行ってもいいし、友人に借りてもいいです。でも、その9千円は本当に借りることができますか?

 

お金を借りて、スロットを打つなんて、貸す立場からすれば正直帰ってくる見込みもありませんから貸したくないですよね。スロットがどんなに当たるといっても100%本当に当たるかといえばそうではないですし。帰ってこない可能性の方が高いです。銀行だったら絶対借りれません。

 

しかも急いで集めないとなりません。ほかの誰かがそのスロットで当ててしまえば、あなたはもう1億を手に入れられません。誰かがスロットに挑戦する前にお金を集める必要があります。

 

さて、いろんな人に頭を下げるなり働くなりしてなんとか集めたとしましょう。その時あなたはスロットに本当に挑戦しますか?

成功すれば1億円を手に入れられるかもしれません。でも失敗すれば借金まみれ。返す当てもありません。本当に一発勝負です。さて挑戦しますか?

 

 

それでも挑戦するといった方。

何人いるでしょう?たくさんいるかもしれませんね。

でも、その中で当たるのは1人だけです。1万人挑戦したら9千999人の人は借金を背負うことになります。

 

そうです。最後は運なのです。

 

まったく新しいゲームを出すってそういうことなんですよね。

すごい努力して、頑張って、やっとの思い挑戦するけど、最後は運に左右される。

しかも失敗する可能性の方が高い。

たとえ話ですけど、それくらいシビアな世界なんだと思うんですよ。それって。

 

 

ちなみに、プロのスロッターってスロットで食べていけるくらい連勝してますよね。どうやって勝っているか知っていますか?

 

できる限り勝ち確率が高いスロットを打ち続けるんです。

勝つ確率が高い台の一瞬だけある勝てるチャンスゾーンだけを狙って打ちます。

それを勝つまで続けます。少しでも勝てそうになければすぐにやめます。

 

最近の世の中ってそうなってるんですよね。

当たるかどうかわからない台よりもすでに当たったデータがある台の方が勝つ確率を計算しやすいです。なのでみんな同じ台を打ちます。当たった時のリターンが少なくても。当たらないよりマシだと思って。

 

 

難しいですよね。

大きく勝って大金を手に入れるには勝負に出なければならない。でもそれはとてもリスクが高い行為なんです。だからみんなリスクの低い選択をする。正直しょうがないって思いません?失敗して借金まみれになりたい人なんていないですもんね。

 

それでも絶対成功すると信じて勝負に出ないとダメなことは確かにあります。

そもそも勝負に出なければ最初から手元にある千円しかないわけですし。

 

という感じで、簡単にやればいいじゃないと言うけど簡単じゃないんだぞー!ってのをまとめたかったのです。

 

しかし!最近は個人でも開発ができるように無料で高性能なゲーム開発環境が出てきました。アイディアがあれば個人で市場に挑戦できる土壌が出来上がってます。後は行動するだけなのです。

なので、簡単じゃないけど道はあるよ、行動すれば一攫千金も夢じゃないよ!ともいえます!僕はそう信じて樺っていきたいと思います。